橘右之吉 Official Blog

        橘右之吉 Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山二番町「露口」

「とっておきのバーがありますよ」と
半纏染めの老舗「高虎」の高林さんが誘ってくれた。

二番町の「露口」さんという,創業50年を数えるお店である。

松山に6年通っていて知らなかった。修業が足りない。
どっしりした木のドアーを開けると,重厚なカウンター、
懐かしいサントリーのCMソングが低く流れ,
柳原良平画伯のアンクルトリスが壁を彩る。

マスター,ママ,居並ぶお客さままでも私好みの素敵なバーだ。

「この間,俳優の角野卓造さんからママに電話が入っている時に,
たまたま居合わせたんですヨ」と,高林さん。
「そんなら電話を入れて驚かせちゃおう」と,私。

朝子ママに電話を入れて貰うと「なんで松山の露口に!」と
仰天する常連の角野さん。

前々日に三津五郎さんと角野さんの話しが出たばかりだったので,
縁の不思議さに驚いていると,
今度は入り口に近いカウンターの隅にいらした,
恰幅のいい白髪の紳士が,立ち上がって近づいてくる。

「愛媛朝日テレビの北村一明社長です」と,露口のご主人に紹介される。

ざこばさん・鶴瓶さんの「らくごのご」の名プロデューサーで,
妹弟子の右佐喜を世に出してくださった恩人で,
兄弟子の右一郎さんとも親しい,業界のビッグネームである。

もちろんお名前は存じ上げていたが,初対面。
まさか松山でお会い出来るとは思いもよらぬこと。

飲むほどに,酔う程に,濃い話が始まった。
松山「露口」の縁は凄い。ハイボールも飛び切り美味い。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

橘右之吉

Copyright ©2008 Mojipro,inc All Rights Reserved.
プロフィールを見る






Google



カテゴリー

最近の記事

リンク

橘右之吉Official Shop

江戸で検索

カスタム検索

Copyright ©2008 Mojipro,inc All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。