橘右之吉 Official Blog

        橘右之吉 Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤塚不二夫先生、合掌

兄弟分の、なぎら健壱さんから
「赤塚先生が亡くなった」と、
携帯に電話があったのが第一報だった。

友人の漫画家、高井研一郎先生の紹介で
ご縁をいただいたのが赤塚先生との始まりだった。

中野宝仙寺のお通夜に向かう道すがら、
焼香を終えた立川談志師匠と遭遇して立ち話に。

「残酷だよ」と家元。

「師匠も体に気をつけてくださいよ。」と云うと
ポンと腕を軽く叩かれた。

先生の遺影を前にしたら、いろいろ思い出して来た。
飲んだあげく、大勢して下落合のお宅に伺ったこともあった。
赤塚先生の紫綬褒章受章パーティの折り、
ちばてつや先生、高井研一郎先生、私の三人連名で、
記念の招喜看板を作り、お贈りしようと、
上にニャロメを招き猫に見立てて代紋に替え、
下に「赤塚不二夫」の江戸文字を配したものを作った。

パーティ前に赤塚先生の控え室に入ると、
先生は羽織袴姿で、喜んで受け取ってくださった。
パーティ会場では、美人看護士大勢に囲まれた
極上の笑顔もあった。

ちょっと、はにかんだあの笑顔ももう見られない。

ギャグ漫画界の、希代の巨匠が逝ってしまった。

赤塚不二夫先生、合掌。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uno3.blog110.fc2.com/tb.php/42-c8926146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

橘右之吉

Copyright ©2008 Mojipro,inc All Rights Reserved.
プロフィールを見る






Google



カテゴリー

最近の記事

リンク

橘右之吉Official Shop

江戸で検索

カスタム検索

Copyright ©2008 Mojipro,inc All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。