橘右之吉 Official Blog

        橘右之吉 Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山の番頭さん

落語「大山詣り」や、清元の「山帰り」で有名な、相州大山。

夏になると毎年同じ日に、うちの講中の大山詣りがあった。
祖父が講元、父も世話人の一人になっていて「東京御宝講」という。
「戦時中もお参りにいっていたんだ」と、
祖父が話していたのを覚えている。

大山でお世話になる先導師の内海さんを、
家では「御師(おし)」と呼んでいた。
御師は私を大変可愛がってくださって、私も御師が大好きだった。

東京以外に寄る辺の無い我が家にとって、
大山の内海さんのところがいわば帰省先、
私の「故郷」である。

私の中学、高校時代、
夏休みの大半は「大山」に宿題持参で、
お手伝いに行くのが「お決まり」だった。

薪でお風呂を沸かしたり、布団の上げ下げ、
拝殿や社務所までのお使い、お膳運び、履物の整理,
行衣の片付け等々、いろんな仕事があり、
ちょっとした番頭さん気分だった。

そんな思い出多い大山の地。

今年9月16、17日の2日間、
大山阿夫利神社社務所能楽殿で、
友人の坂東三津五郎丈が、歌舞伎舞踊「山帰り」を奉納する。

坂東流の家の踊りともいえる「山帰り」を、
大山阿夫利神社に奉納するのは、
十代目襲名時から心願としをていた企画。

これまた五季の会の仲間でもある林家正藏師匠も
落語「大山詣り」を奉納口演で参加する。

私も「番頭」として、裏方でお手伝いだ。
時間があったら是非大山に来ていただきたい。

6月6日には、奉納成功祈願の「お練り」が、催行される予定だ。

詳細が決まったら、また書き込みたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uno3.blog110.fc2.com/tb.php/58-19a7a22e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

橘右之吉

Copyright ©2008 Mojipro,inc All Rights Reserved.
プロフィールを見る






Google



カテゴリー

最近の記事

リンク

橘右之吉Official Shop

江戸で検索

カスタム検索

Copyright ©2008 Mojipro,inc All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。