橘右之吉 Official Blog

        橘右之吉 Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山帰り奉納本番(3)

「山帰り」と謳うからには「お参り」をしようと、
17日には開演前に「下社」を目指す。

大和屋の揃いの浴衣で,納め太刀を担ぎ,一同で参拝に繰り出す。

クロックスに足元を履き替えての道中である。

林家はな平さん,たけ平さんも同行だ。

私も当初は威勢がいいが,
日頃の運動不足がたたり,ケーブル駅に着いた頃には,
膝はガクガクで,息も上がり,汗が吹き出していた。

体力の衰えを実感してしまった。

下社で用意の木太刀を奉納し,正式参拝を済ませる。

「昨日拝見しました」、「後で見に行きますよ」と
声をかけてくださるお客さまも多く,
来てよかったとしみじみ思う。

帰途,大山寺に参拝,ご住職が護摩をあげて下さる。

この護摩がなんとも大迫力で,早間の太鼓のリズムに驚いた。

たけ平さん、はな平さんらは落語「愛宕山」に登場する
「かわらけ投げ」に,ここで挑戦したとのこと。
こういう体験が後で芸に生きてくるのかなと思う。

急ぎ能楽殿に戻って準備に掛かり,
17日の奉納公演も大盛況のうちに幕となった。

ご尽力いただいた皆様に心から感謝申し上げたい。

「山帰り」を終えたら12日間の四国暮らし。

即日、松山にひとっ飛びである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uno3.blog110.fc2.com/tb.php/63-e75484c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

橘右之吉

Copyright ©2008 Mojipro,inc All Rights Reserved.
プロフィールを見る






Google



カテゴリー

最近の記事

リンク

橘右之吉Official Shop

江戸で検索

カスタム検索

Copyright ©2008 Mojipro,inc All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。