橘右之吉 Official Blog

        橘右之吉 Official Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーンの歳の市

ウィーンはこの時期,クリスマスマーケットが街のあちこちの広場で開かれている。

なかでもウィーン市庁舎前の広場は,さながら浅草観音・歳の市の賑わいだ。
LEDの電飾とライトアップされた市庁舎が美しい。
羽子板ならぬクリスマスの飾り物を売る店,熱燗のワイン,焼き栗やホットドック,
お菓子にオモチャ等々沢山の店が並び,寒さのなか商売をしている。

日本のテキ屋さんのようだ。クリスマス用品を買い求める市民や観光客,
務め帰りに一杯の連中?などが詰め掛け,ごったがえしている。

街の辻には「ガサ小屋」のような露店が出来ていて,門松や注連飾りを売るように,
山から切り出してきた形の良い「モミの木」を並べ,
木の枝で作った「クリスマスリース」を売っている。

お客が気に入った「木」を決めると,ウィーンの親方はチェンソーと手斧を使って,
木の足元を器用に削り,十字に組んだ重し代わりの板の穴に据えて出来上がりである。
飾りの小道具は無い。原木のみだ。

見ていて,子供の頃に,ガサ小屋で門松や注連飾り売りを手伝っていた頃を思い出した。
竹はこの時期触ると本当に冷たくて,軍手を通して手がかじかんでいた。
半世紀前の下町の子供達は,アカギレや霜焼けで,指が太くなっていた。

w3


w2


w1

«  | HOME |  »

FC2Ad

橘右之吉

Copyright ©2008 Mojipro,inc All Rights Reserved.
プロフィールを見る






Google



カテゴリー

最近の記事

リンク

橘右之吉Official Shop

江戸で検索

カスタム検索

Copyright ©2008 Mojipro,inc All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。